きもの着付け お手入れ 呉服専門店おめしや

  • おめしやとは
  • お取り扱い商品
  • 着物のお手入れ
  • きものの着方教室
  • 価格表
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • お知らせ
  • 催し・展示会情報
店舗
有限会社おめしや
〒171-0043
東京都豊島区要町3-8-1
TEL 03-3972-5602
FAX 03-3957-6036
お取り扱い商品

ホーム > お取り扱い商品 > おしゃれで、気軽で、レトロで。木綿とウールのきもの

お取り扱い商品

おしゃれで、気軽で、レトロで。木綿とウールのきもの

絹は昔から高価な素材だったため、主に税収として生産されてきて、江戸幕府は「農民のきものは布木綿たるべし」と下達するなど、安価に栽培できる綿花を使った木綿のきものは庶民の日常着でした。

新潟県小千谷市の片貝町の「片貝木綿」は、シンプルなデザインと機能性、生地の風合いは柔らかく、シワになっても元に戻りやすいので気軽に扱え、バラエティーに富んだ楽しみ方ができます。

そして会津地方(福島県の西部に当たる地域)において、日頃欠かせない生活布として人々に親しまれてきた会津木綿は、地味で素朴ながらも美しい地縞が特徴です。

会津木綿は、先染めならでは厚地で丈夫、さらに肌合いが良く、保温性、吸汗性があるため、昔から日常着や野良着に使用されてきた、寒さが厳しく、夏は盆地で暑くなる会津の気候風土の中、会津人にとってかかせないものになりました。丈夫で使い心地のよい会津木綿。

昔から庶民のきものであった木綿は、帯合わせも帯締め要らずの半幅帯を気軽に締めて、町着感覚でちょうど良いきものです。もちろん自宅でジャブジャブ洗うことができるので、お稽古着としても最適です。

そして、肌寒くなってきた頃には、保温性抜群のウールのきもので過ごしたいものです。

最近では風合いよく滑らかにしたシルクとウールの混紡の素材が人気ですが、おめしやでは、昔よく着たウールの着物が最近見かけなくなったとお客様に言われる、昔ながらのざっくりとした独特の風合いとどこか懐かしさを感じさせる柄ざっくりとした風合いとどこかレトロさが味わい深い、桐生産ウール100%のきものを取り扱っております。

その季節、気温に合わせながらの着こなしテクニックで、是非きものをより身近な日常着に。

  • 一覧へ戻る
お問い合わせ・来店ご予約
ページの先頭へ